NDIRとは非分散型赤外線吸収法のことであり、センサー用ランプから発せられた赤外線が、ガスを充填した容器中を通過する際に、ガス分子により吸収される性質を利用した方法です。
赤外線はガス中を通過しなければ吸収はされませんので、この二つを比較することによって測定を行います。
吸収される赤外線の波長は充填されたガスの成分によって異なりますので、その波長と吸収量から、そのような種類のガスがどれだけ容器中に存在しているのかがわかります。

NDIRとNDIRセンサー用ランプ

NDIRとNDIRセンサー用ランプ NDIRを用いたセンサーは一般的に、酸化炭素である一酸化炭素や二酸化炭素の量を検知するのに用いられています。
検出の精度が求められるため、様々な工夫が施されています。
光源となるセンサー用ランプのフィラメント位置の精度の高さや、起動後の応答速度が速いこと、安定して赤外線の放射ができることが要求されます。
また受光するセンサーも、温度などの諸条件の外的要因に影響されない安定した検出が必要となります。
検出するガスを収納する容器の精度も安定した測定には欠かせません。
センサー用ランプと受光センサーと容器それぞれが必要不可欠な要素となっています。
製造する会社には、どのような環境下においても安定して測定ができるNDIRを用いたガス検出器を、安価で継続して生産できる能力が求められます。

NDIR分光法を活用したガスセンサー回路について

NDIR分光法を活用したガスセンサー回路について NDIRはガスの検出や酸化炭素の濃度測定に使用されている方法です。
NDIR光センサーランプは一般的な光とは異なり、フィラメント位置精度の高さと赤外線量の応答の速度や安定性によって変わってくることになります。
これらを活用したアプリケーションとしてはフィルタで処理された赤外線を直列に接続された接点に対して照射されるのです。
ここで接点が加熱されると熱に対して発生する小さな電圧が起こりますが、これを基準接点の温度をサーミスタで測定します。
ほとんどのガスは永久的に正と負の電圧を分離するのですが、特定の周波数成分を吸収するのです。
NDIRに代表される光に応じたガス濃度を測定する方式には検出感度を向上させることが必要なのです。
これらの技術は医療や環境測定、各種の試験に用いられることになり、ガス検出装置として活用されることになります。
例えば自動車の排気ガスはもちろん、工場から出るガスや生ゴミ、ペットの臭いの検出に利用されています。
ガス検出の方式には小型で生産性が高いものであるが安定性にかけていることがあります。
NDIRは様々なガスに対応することができ、感度がよく長期間安定して動作するという利点があります。

NDIRとは動作原理の理解におけるポイントについて

NDIRは非分散型赤外を意味する英語の頭文字ですが、文字だけではその仕組みや動作原理の理解には至らないのではないでしょうか。
NDIRの非分散型赤外はガスセンサーに用いられる方式の一種で、赤外線をガス分子が吸収するメカニズムを活用して濃度を測る仕組みを指します。
NDIR方式のガスセンサーの動作原理は、赤外線の放出と検出を行うセンサーがそれぞれ搭載されていて、変化を読み取るのが基本です。
LEDを用いるものを始めとして、熱を伴うランプやMEMSヒーターを採用しているタイプもあります。
これらはいずれも赤外線の光源となるもので、光源から放たれる赤外線に反応するセンサーが対になります。
NDIRは二酸化炭素濃度測定の分野で活用されており、近年は小型で手頃な市販の製品も登場しています。
スマホで測定や記録ができる製品でもこの技術が活きていますし、小型化とコスト削減が可能なことから、コンパクトかつリーズナブルで手に入りやすい商品が充実し始めているのではないでしょうか。

NDIRの機能を活かした農業はすでに行われています

NDIRとは、「非分散型赤外」の英語略称でガス濃度の計測方式を意味しています。
NDIR方式のセンサを用いることで、その場の二酸化炭素の濃度をチェックし農業に活用することも可能です。
すでにNDIR使用の二酸化炭素センサは、壁掛け用やダクト用が作られています。
同じように、農業の分野でも導入されているのです。
温度や湿度も計測可能となっており、換気や空調をコントロール制御出来る製品も存在します。
農家のために開発されたNDIR製品は、複数の性能を身に着けているものです。
二酸化炭素供給装置や空調の制御、冷暖房による適温の調整などを任せることが出来るので、すでにキノコ農園などで導入されています。
こうした機能をより先鋭化させることで、今後は家畜環境システムや低温倉庫管理システムに活用することも期待されているのです。
植物の成長を計測するセンサーとして、気象観測会社で用いられているケースも存在します。
今後より進化する機能と言えるでしょう。

NDIRを用いた自動車の排気ガスの検査について

一昔前の公害問題に見られるように、大気の汚染というものは私たちに深刻な影響を及ぼします。
そのようなことから、大気の状態については常に監視が行われています。
大気汚染については、国内のみならず海外から風に乗って飛散してくるなどということもありますので、国内にその原因があまり見当たらないとしても監視を続ける必要があります。
また、自動車などを作る際においても、その排気ガスが基準値以内であるかどうかを検査することは大切です。
調べる成分としてはいくつかあるのですが、二酸化炭素や一酸化炭素というものは大変注目されています。
そのようなガスを調べるために用いられるのがNDIRと呼ばれる方法です。
NDIRとは、これらのガスが独特の赤外線吸収を行うことを利用して、排気ガス中にそのようなものが存在するかということを確かめる方法です。
非接触な測定方法ですので、複雑な仕組みも必要とせず、経費もあまりかからずに測定ができるという利点があります。

NDIRの排気ガス成分分析へのアプリケーション

様々な物を検査する際にはいくつかの方法がありますが、調べたいものにセンサーなどを接触させてる方法と非接触で感知する方法とが知られています。
接触する方法では、問題となっているものにセンサーを貼り付けるなどする必要がありますので、過酷な環境であったり、センサーが被調査物に影響を与えるという懸念があります。
そのようなことから、可能である場合には非接触の分析というものが行われます。
非接触分析の中で最も手軽に行えるものが、構成などの電車を利用したものです。
その中に、赤外線を利用したものもよく知られています。赤外線の周波数はちょうど様々なガスの分子の振動数と近くなっていますので、周波数があったところで強い吸収を起こします。
このようなことを利用したのがNDIRです。主に二酸化炭素や二酸化炭素の存在状態を調べる際に用いられます。
このようなNDIRのガスセンシングへのアプリケーションは、自動車の排気ガス中のこれらのガスの濃度などを検査する際に行われています。

2波長式のNDIRでガスを検知して危険を回避

NDIRとはNonDispersiveInfraRedの略で、日本語では非分散型赤外線吸収法と訳されます。
赤外光源から放射された赤外光で、それぞれのガスが持つ特有の吸収波長領域を利用、つまり分子により吸収される現象を利用して濃度を計測する方式です。
ガスは本来無臭ですが、万が一漏れた際に危険なためあえて匂いを付けてあり、それによって臭いと気づくことができます。
しかし基本的に目に見えないためNDIRを利用して気体中を透過する赤外線量で、そこに含まれる二酸化炭素の濃度を数値化する事で、ガスを検知して危険を知らせるのです。
2波長式サーモパイル型赤外線センサ測定用、もしくはリファレンス用の2波長式を検出する方法では、ガス管の経年変化などによる特性の変化も計測できます。
二酸化炭素の測定の他、自動車の排ガスや車内及び室内環境のモニタリング、火災やアルコールの検知、冷媒ガスや温室効果ガスの計測も可能です。

NDIR技術と光源の役割に関する解説とその活用のお役立ち情報

NDIRは非分散赤外吸収測定技術を指し、特定の気体が特有の赤外線波長を吸収する性質を利用しています。
この方式では、測定対象の気体を検知するために特定の波長を発する光源が必要です。
光源から発せられた赤外線が測定ガスによって吸収されると、その波長での赤外線の強さが変化するため、センサーがこの差を検出して気体の濃度を計算します。
この技術の汎用性と正確性から、環境監視、産業プロセス制御、医療診断など幅広い分野での応用が見られます。
またNDIRセンサーは非侵襲的測定が可能であり、定期的なメンテナンスが不要な点も高く評価されています。
実際にNDIR技術を活用する際、光源の選定は非常に重要です。
適切な光源を選ぶことで、測定の精度と効率を高め、さらには長期間にわたって安定した測定結果を得ることが可能になります。
こうした背景から、NDIRセンサーを適用する際には、対象となるガスの物理的特性を理解し、最適な光源を選定する知識が求められます。
本記事では、NDIR技術の仕組みと光源の選び方に焦点を当てて解説しました。
これらの情報が、より良い環境改善や効率化に役立てられることを願っています。

NDIRセンサー普及を後押しするお役立ち情報満載の解説

非分散型赤外線センサーであるNDIRセンサーは、近年の技術革新によって多くの分野での普及が進んでいます。
このNDIRセンサーはガス濃度を測定する際に用いられ、産業界だけではなく日常生活においてもその有効性が期待されています。
NDIRセンサーの特徴は、ガスを特定の波長の赤外線で照射し、吸収された光の量からガスの種類や濃度を検知することにあります。
特定のガスだけに反応しやすいため、精度が高いという利点があります。
さまざまな環境下でのガス漏れの検知や室内の空気質の監視など、安全と健康を守るために重要な役割を果たしています。
その高い選択性と長期にわたる安定性により、NDIRセンサーは火力発電所や化学工場など、特に精密な測定が求められる業界でも重宝されています。
また、近年ではスマートホームへの導入例も見られ、一般家庭でも手軽にガス濃度測定を行えるようになりました。
この記事では、そんなNDIRセンサーについての概要と、普及に向けたさまざまな取り組みに焦点を当て、有益な情報を提供していきます。
ガス検知技術に関心を持つ方々にとって、この記事が知識の向上に寄与することでしょう。

波長別NDIRセンサー活用ガイド: 日々の生活に役立つ情報の提供

近年、科学技術の進歩に伴い、私たちの暮らしはますます便利になっています。
特に日常生活においては、感知技術の進化が目覚ましく、その一例がNDIRセンサーです。
NDIRとは非分散型赤外線センサーのことで、特定の波長の赤外線を検出することでガスの種類や濃度を測定する技術です。
この記事では、NDIRセンサーの活用方法と、日頃の生活でどのように利用できるかについて、お役立ち情報を提供します。
例えば、家庭でのCO2濃度管理にNDIRセンサーは有効です。
換気のタイミングを知るために使うことで、屋内の空気質を維持しやすくなります。
また、スマート農業の分野では、作物が最適な環境下で成長できるよう、CO2濃度を調整することが可能です。
さらに、NDIRセンサーは医療分野での呼気分析や、工業施設での排出ガスの監視など、様々なシーンでその性能を発揮しています。
波長を利用したNDIRセンサーの特性を理解し、適切に選択することで、私たちは健康管理から環境保護、作物の品質向上など幅広い分野で利益を得ることができます。
この技術によってもたらされる未来は明るく、その可能性を最大限に活かすことがこれからの課題と言えるでしょう。

NDIRセンサーにまつわるトラブル対応法と予防策に関する実用的知識

NDIRセンサーとは、非分散赤外線を利用してガスの濃度を測定する装置です。
環境測定や産業用途に幅広く使用されていますが、様々なトラブルが起こることがあります。
適切なトラブル対応法を知ることは、正確なデータを得る上で非常に重要です。
まず、NDIRセンサーが正常に作動しない場合、センサー表面の汚れや異物の付着が原因である場合があります。
このようなトラブルを予防するためには、定期的な清掃とメンテナンスが必須です。
加えて、環境条件の変化によってセンサーの測定値が変動することもあります。
例えば、気圧や湿度の変化はセンサーの感度に影響を与えるため、これらの変化を考慮に入れた校正を行うことが望ましいです。
センサーの電源供給や回路の問題も一因となりうるため、定期的な電源や回路のチェックも欠かせません。
センサーの技術進化は日進月歩で進んでおり、新型のNDIRセンサーはより高感度で安定した性能を持っていることが多いです。
しかし、どんなに優れたセンサーでも、適切な扱い方を怠ればトラブルに見舞われるリスクは高まります。
そのため、取扱説明書を確実に理解し、推奨される使い方をすることが重要です。
トラブルが起きた時の対応法としては、まずメーカーのサポートに問い合わせることをお勧めします。
多くの場合、メーカーには専門の技術者がいて、的確なアドバイスやサポートを提供してくれます。
また、自分で修理や校正を試みる前に、必ず専門家の意見を聞くことが肝心です。
この記事では、NDIRセンサーに関わる一般的なトラブルとそれに対する基本的な対処法、さらにトラブルを未然に防ぐ予防策について概説しました。
これらの知識が皆様のセンサー使用をより安全で効果的にする手助けとなれば幸いです。

NDIR技術の基本と安全性に関する役立つ知識のご案内

最先端技術の進展に伴い、環境保護や産業安全のためのセンサー利用が注目されており、特に非分散型赤外線(NDIR)センサーが重要な役割を果たしています。
NDIRセンサーは、特定のガスを特定の波長の赤外線で検知する技術を用いており、高い精度と選択性を誇ります。
これにより、排出ガスのモニタリングや温室効果ガスの計測など環境管理の分野で広く利用されています。
NDIRセンサーの利点は、その安全性にも見られます。
触媒や化学反応を必要とせず、ガスそのものを直接検知するため、反応物が不要で、センサーの取り扱いが比較的簡単なのです。
これは、現場の作業員にとって取り扱いやすく事故リスクの低減に貢献しています。
また、一般的にNDIRセンサーは耐久性にも優れており、メンテナンスの手間が少なく長期間にわたり使用することができる点が特筆されます。
これにより、コストパフォーマンスにも優れているといえます。
しかし、NDIRセンサーをより効果的に活用するには、設置環境の理解や適切な校正が必要です。
それぞれのガスが特有の吸収波長を持つため、センサーの選定には技術的な知識が不可欠となります。
このため、関連する技術者は定期的な教育や情報のアップデートが求められるでしょう。
今回の記事では、NDIRセンサーの基本原理やその安全性についてお伝えしましたが、実用化への道はまだ広がっており、新たな展開が期待される技術です。
安全で効率的な環境管理を目指すなら、NDIRセンサーについて学び、その特性を理解することが一歩です。

NDIR情報サイト

NDIR

新着情報

◎2024/4/15

情報を追加しました。


>NDIR技術と光源の役割に関する解説とその活用のお役立ち情報
>NDIRセンサー普及を後押しするお役立ち情報満載の解説
>波長別NDIRセンサー活用ガイド: 日々の生活に役立つ情報の提供
>NDIRセンサーにまつわるトラブル対応法と予防策に関する実用的知識
>NDIR技術の基本と安全性に関する役立つ知識のご案内

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>NDIRとは動作原理の理解におけるポイントについて
>NDIRの機能を活かした農業はすでに行われています
>NDIRを用いた自動車の排気ガスの検査について
>NDIRの排気ガス成分分析へのアプリケーション
>2波長式のNDIRでガスを検知して危険を回避

◎2020/1/22

高精度なガス検知が可能
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

さまざまなガスの検出
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

NDIRでガスを検知
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

NDIRの汎用性
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの重要性
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス センサー」
に関連するツイート
Twitter

ガスコンロのセンサー(?)がバカになってて、もうしょっちゅうピーピー言って火が消えるし、なかなか点かないし、点いてもすぐ消えるしでブチ切れてたんだけど。センサー部分にアルミホイルかぶせてみたら今のところいい感じ。

エアコンは134化した。 ちゃんと冷風出る。 でなくなってもガス足せば効く。 雨漏りもケチってウェザーストリップ変えなかったからだと思う。 ホーンもホンダ純正からミツバのホーンに変わってた。 エアクリボックス純正だけど、まあまあ長いファンネルついてた O2センサ、プラグ、コード変えたばっか

エアコンガス漏れ探し エキパン、エバ、圧力センサーの各接合部から怪しい漏れ 接続部の腐食の取り除きとねじ山の掃除にOリング交換 真空引きしてサイクルオイルも入れてガスチャージ 今の所冷えも復活! エバの埃も掃除した!

返信先:室外機の行き(2分配管)と戻り(3分か4分配管)配管が冷たくて結露していければ冷媒は流れてますが、2分の行き配管だけ冷たいならガス不足とか、内部のガス回路切り替えがうまくできてないかも。 室外機が停止を繰り返すなら、基板不良、センサー不良、圧縮機の高温保護回路作動とか・・・

返信先:エアコンは帰ってからも涼しいから良いんだけどw ガス火は怖いよね😰一応うちのガスコンロはずっと着けてるとセンサーが反応してガスが消える機能あるんだけどさ…(普段の料理中もずっと着けてるとたまに消える😂)そらでも不安よー😱 このサービス良いね🥰月500円で安心を買えると思うと安いよね😚